赤ちゃんにもおすすめ!イカリジンの虫除け

2018/6/30 子育て

蚊が出てきて、虫除けの必要な時期になりました。外で子どもを遊ばせる時に虫除けをしますがディートが入っているものは気になったり、自分でアロマオイルを使用して作ったものは日常的に使うには良くても、レジャーの時には向かなかったり。そんな時はイカリジンが入った虫除けがおすすめです。

◯イカリジンとは
イカリジンは1986年にドイツで開発され、市販された虫除け効果のある成分で54ヶ国以上で虫除けとして販売されています。
蚊などは、人間の皮膚から発せられる二酸化炭素や温度を察知して吸血しますが、イカリジンにはこの反応を鈍らせる働きがあり蚊を寄せ付けない効果があります。匂いもほぼ無く、日本では濃度15%まで認められています。

イカリジン入りの虫よけがおすすめの理由

虫除けといえば、従来はディート入りものが一般的でした。しかし、このディートは高い虫除け効果はありますが刺激が強く、まれに身体に害を及ぼす可能性があると言われているのです。乳幼児には1日の使用回数に限度があり、虫除け効果が薄れてきても再度使用することができませんでした。しかしイカリジンは米国疾病対策・予防センター(CDC)でも副作用の問題がなく、ディートの代替として推奨しています。安全性が高く、乳幼児への使用制限もありません。赤ちゃん用の虫除けにも使われています。また、ディートとは違い合成繊維やプラスチック、塗装などにも影響を与えにくいです。また先述したように匂いもほぼないので、虫除け独特の匂いが苦手な方にも使いやすいです。

イカリジン入りの虫除けを使用した感想

我が家では昨年からイカリジン入りの虫除けを使用しています。ミストタイプを使用していますが、スプレータイプやジェルタイプもあるようです。今までは虫除け効果のあるアロマオイルを使って虫除けを作っていましたが、買い物などのちょっとした外出時には効果があっても、長時間効果が続くわけではないのが難点でした。子どもが幼稚園に行っている間、外遊びなどで蚊に刺される機会は多くあります。また上の子の親子遠足で動物園に行く際、まだ生後半年ほどの下の子に使うには、少し手作りのアロマオイルの虫除けは頼りなく…。市販のアロマオイルを使った虫除けは香りが強く、子どもが嫌がってしまい使えず。そんな中見つけたのがイカリジン入りの虫除けでした。虫除け効果はきちんとあり、登園前に使用して帰ってくるまで長時間効果もありました。また子どもに使用制限がないので、汗をかいてふいてしまった後などに付け直しもできました。また匂いもしないので、子どもも嫌がりません。

唯一のデメリットは、ミストタイプをシュッとした際、鼻がムズムズし、少しむせることですが、調べてもあまりそういう話はかいておらず、我が家だけかな…などと思っています。使用する時に換気をよくしておけば(ドアや窓を開けて使用する)問題ありませんし、つけた後はむせるようなこともないので、ジェルタイプなどはこのような症状は起きないかもしれません。

日本ではまだ認知度の低いイカリジン。昨年に比べて虫除けの種類も増えています。ご家庭にあった虫除けをぜひ探してみて下さい。

この記事を書いた人:パン

小児科クリニックで看護師として働き、出産を機に専業主婦に。 最近は、子どもになるべく自然のものを使いたいと思いアロマオイルを活用して風邪予防や掃除などをしています。

関連記事