ぐずり対策に!簡単ハンカチ遊び4選

2017/11/11 子育て

お出かけ先で子どもがぐずって困ったことはありませんか?病院や銀行の待ち時間、バスや電車の中など、しばらくの間静かにしていてほしいなって思うときありますよね。そんなとき、ハンカチ一枚あればいろんなものを作って遊べます。ぐずり出した子どもの気も紛れるかも!?いくつかご紹介するので是非作って遊んでみてくださいね!

 

簡単!ハンカチ遊び4選

1.バナナの作り方

  • 四つ角を中央に。
  • 真ん中をつまんで持ち上げたら、根元になる部分をぎゅっとつかむ。
  • できあがり。皮を一枚ずつむいてパクッと召し上がれ。形は少々いびつになりますが気にしない気にしない!

*作り方は簡単なので、小さな子でも作れます。子どもが作ったバナナを「ムシャムシャ…おいしい!」と食べるフリをしてあげるととても喜びますよ。

2.ペンギンの作り方

  • 三角にたたみます。
  • 下からパタンパタンと折りたたんでいきます。最後の三角はくちばしになるので、少し残しておいて。
  • 半分に折りたたみ、くちばしの部分を少し広げて、両サイドを折り曲げて持ったらできあがり。手を短めにするとペンギンらしさが出て可愛くなりますよ。

*ハンドタオルなど厚みがある方が丸みがあって可愛らしくできます。

くちばしの部分でツンツンと子どもの頬をつついたり、子どもの肩や頭をトコトコと歩いてみたり。人形遊びのようにペンギンを通してお話しして遊ぶのも楽しいですね。

3.キャンディーの作り方

キャンディー

  • 三角にたたみ、下の両角を内側に折ります。
  • 下からクルクルと丸めていき、途中まで行ったらひっくり返します。
  • 両端を重ねて折りたたみ、下からクルクルと丸めていきます。
  • 上まで来たら、ポケットになっているところに親指を入れて上にまくり上げます。ポケットの部分がなくなるまで繰り返しまくり上げたら、自然とキャンディーの両端が左右に飛び出してきます。
  • 形を整えたらできあがり。

*キャンディーは見た目が可愛いだけでなく、ボール代わりに投げて遊べます。

キャンディーの端っこを片方グッと引っ張れば…ニンジンに早変わり!

4.リボンの作り方

  • 両端を真ん中で合わせて折り、ひっくり返します。
  • 上下両端を真ん中で合わせて折ります。
  • 左右それぞれ上の一枚目角をつまみ横に引っ張ります。可愛いリボンの出来上がり!

*男の子も女の子も、頭の上につけたらとっても可愛い!斜めにつけたら「キティーちゃん」なんて遊ぶと子どもも意外に盛り上がるんですよ♫

ハンカチはかさばらないので手軽に持ち歩けるうえ、落としても壊れませんし、色々なものに形を変えて遊べるので子どもと遊ぶのにオススメです。肌触りが柔らかいのもいいですよね。外食先でおしぼりを使って作ることもできるので挑戦してみてください。意外に子どもの方が上手に作れたりして…親子のコミュニケーションツールの1つとして楽しんでくださいね。

この記事を書いた人:ゆうせいあゆ

関連記事