腸内環境を整えよう「BifiXおなかに素材+ヨーグルト」

2020/10/11 最新トピックス

今年はコロナウイルスが流行って自宅で仕事をする人が増えたり、外出の機会が減ったりして、ストレスがたまったり、運動不足になったりすることが多かったのではないでしょうか。というかまだまだその状況は続いているんですが・・・。ストレスや運動不足は腸内環境の悪化につながってしまいますが、そんな中『腸活』という言葉も以前よりよく聞くようになりました。『腸活』というとパっと思い浮かぶのはヨーグルト。ヨーグルト大好きな私はスーパーでこんな新発売商品を見つけました。

腸内環境を整えよう「BifiXおなかに素材+ヨーグルト」

「BifiXおなかに素材+ヨーグルト 皮入りオレンジ」(内容量330g)です。このシリーズ、パッケージデザインをリニューアルしたそうです。手書き風の文字がほっこりしていい雰囲気ですね。

腸内環境を整えよう「BifiXおなかに素材+ヨーグルト」

食物繊維イヌリンの説明もありました。イヌリンはビフィズス菌BifiXのエサになるんですよね。一緒に摂ることで効果倍増!カロリーは100g当たり67kcal、脂質は0gですね。食物繊維は1.9g、このヨーグルト1個(330g)で、1日不足分の食物繊維5.5gを摂れるようです。カルシウムは119mgですね。

では食べる分をお皿に移してみました。

腸内環境を整えよう「BifiXおなかに素材+ヨーグルト」

皮入りオレンジ、かなり入っていますね。とろっとなめらかな感じです。食べてみるとオレンジの程よい酸味。ヨーグルトは甘すぎずなめらかで、オレンジの味が引き立ちます。皮入りオレンジがとても爽やかな味わいなので、朝食に食べるのがよさそう。朝のフルーツは体にもいいですしね。時間のない朝でも、このヨーグルトを食べればビフィズス菌も食物繊維も両方摂れちゃう!食べやすいので子どもさんも喜びそうですよ。

今回リニューアルしたのは、「BifiXヨーグルト プレーン砂糖不使用」「BifiXヨーグルト ほんのり甘い脂肪ゼロ 375g」など、おなかに素材+は「アロエ」「白桃&ザクロ」「こんにゃくゼリー ぶどう味」です。どの商品も食物繊維のイヌリンがたっぷり入っているのがうれしいですね。

ストレスや運動不足で少しずつ失われる腸内のビフィズス菌。そのビフィズス菌を補給するため「BifiXヨーグルト」を毎日の生活に取り入れてみたらどうでしょうか。こんな時期だからこそ、腸内環境を整えて、健康な体づくりを目指しましょう!

この記事を書いた人:S.Y

大学生と中学生の子どもがいます☆ 4月から娘が一人暮らしを始めたんですが、現在の状況でまた自宅に。 私はうれしいけど、これってどうなんでしょうね・・・(^^;

関連記事