食べるのではなく飲む!「俺の白くまのめるらしい」

2020/7/3 最新トピックス

スーパーやコンビニに行くと、インパクトのある商品名に目が行ってしまうことがたまにあります。今回スーパーに行った時に見つけた商品も、インパクトのあるネーミング、そしてパッケージでした。

食べるのではなく飲む!「俺の白くまのめるらしい」

その名も「俺の白くまのめるらしい」希望小売価格160(税別)。内容量は450ml、紙パックの容器でリキャップできる仕様。「白くま」というと夏の大定番。練乳の甘みとフルーツや小豆の風味が楽しめるラクトアイス。調べてみると「白くま」は、いろいろな諸説はありますが、鹿児島県発祥のかき氷なんだそう。かき氷の上に練乳や缶詰のフルーツ、小豆などをのせた、贅沢アイスですよね。それがアイスではなくドリンクで登場!

食べるのではなく飲む!「俺の白くまのめるらしい」

カロリーは200ml当たり123kcal。甘そうなわりには、普通の成分無調整牛乳と同程度のカロリー。思ったよりも低いですね。フルーツミックス風味とあずき風味の香料を使用ということで、本物は入っていないようです。

コップに注いでみました。

食べるのではなく飲む!「俺の白くまのめるらしい」

予想通りの色合いです。ヨーグルトドリンクみたいな感じ。飲んでみるとこちらは予想以上の甘さ。すっごい甘いミルクといった味わい。もう少し酸味があったりするかなと思ったんですが、フルーツミックス風味は香料ということでほとんど感じられませんね。小豆の味も・・・う~ん、私にはよくわかりませんでした。でも白くまの雰囲気はしっかりあります。あの幸せな甘さ。息子と一緒に飲んでみたんですが、息子がすごく気に入りました。私は牛乳と豆乳で割って飲んでちょうどよかったです。2倍ぐらいに薄めてしまいました。甘党の人だったらこれがちょうどいいかも。あと子どもさんは甘いものが好きな子が多いので喜ぶと思いますよ。ちなみにこれを凍らせたら本当の白くまになるんじゃないかなと思って、少量凍らせてみました。食べてみたら白くまでした!でも私の感覚としては、白くまってもっと甘かったかも。このドリンクもすごく甘いと思ったけど、本家本元はもっともっと砂糖が入っているのかな。それを思ったらドリンクで味わった方が甘さも感じられるし、糖分も摂り過ぎなくていいかもしれないですね。

いつも白くまを食べると頭がキーンとしてしまう人、インパクトのあるドリンクが好きな人、とにかく甘いものが好きな人、甘いもので疲れを癒したい人、そんな人にぜひぜひオススメです。2020年8月頃までの期間限定発売、キャップ付き容器なのでチビチビ飲んで楽しむのにもピッタリですよ♪

この記事を書いた人:S.Y

大学生と中学生の子どもがいます☆ 4月から娘が一人暮らしを始めたんですが、現在の状況でまた自宅に。 私はうれしいけど、これってどうなんでしょうね・・・(^^;

関連記事