ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

2020/4/7 最新トピックス

江崎グリコから発売されている「ジャイアントコーン」。子どもの頃からずっとあるなぁと思って調べてみたら、一番最初は1966年に「ジャイアンツコーン」として発売、そして名称変更して現在の「ジャイアントコーン」になったのは1978年。発売当初はジャイアント馬場さんがイメージキャラクターだったそう。なんとなくそんな記憶もあるようなないような・・・。そんなジャイアントコーンですが、2年ほど前から発売されている「大人シリーズ」をご存知ですか?「大人の濃厚ショコラ」など食べたことがある方も多いかもしれないですね。私は気になりながらも一度も食べたことがなくって。今回シリーズから新発売になった商品があったので、スーパーで購入してみました。

ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

「ジャイアントコーン<大人のショコラベリー>」です。希望小売価格は180円(税込)。種類別はアイスミルク。パッケージのデザインは2種類あって、それらを合わせると・・・。

ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

今回は1個しか買わなかったので試せなかったんですが、こんな風にハートの形になるそうです♪ パッケージを開けてみると、

ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

『おつかれさまです』とコメントが。開けないと見ることができないので、地味にうれしかったりして。そして中から出てきたのは、

ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

こんな華やかなジャイアントコーン。パリっとしたビターチョコの上にラズベリークランチが。食べてみると、ラズベリークランチがサクサク食感で甘酸っぱい。チョコのビターさとよく合います。そしてその下のショコラアイスは濃厚な味わいですね。なんとなくホイップされた感じというか、ふんわり空気が含まれた感じというか。上に乗っているビターチョコのパリパリ食感とのコントラストがたまりません。そして食べ進めていくと、

ラズベリーソースがとろ~り♪「ジャイアントコーン 大人のショコラベリー」

ショコラアイスの中にラズベリーソースが。大人シリーズの特徴はこのとろけるソース。甘酸っぱくてねっとりした感じですね。それがかなりたっぷり入っているんです。子どもと一緒に食べていたんですが、子どもたちの感想は、ソースはない方がいい、でした・・・。でも私は甘酸っぱい味が大好きなので、全部ショコラアイスよりもこっちの方が好きですね。さすが「大人シリーズ」です。外側のザクザクとしたココアワッフルコーンもおいしい。そして私が目を離しているスキに子どもたちが全部食べちゃったので確認できなかったんですが、コーンの先端ギリギリまでチョコが詰まっている『しあわせのチョコだまり』仕様になっています。とろ~んとしたチョコが出てきておいしかった、と喜んでいました。

大人女子が喜びそうな「ジャイアントコーン<大人のショコラベリー>」。濃厚なチョコに甘酸っぱいラズベリー、華やかでフルーティな味わいをぜひどうぞ♪

この記事を書いた人:S.Y

大学生と中学生の子どもがいます☆ 4月から娘が一人暮らしを始めたんですが、現在の状況でまた自宅に。 私はうれしいけど、これってどうなんでしょうね・・・(^^;

関連記事