冬の味覚“柚子”がメルティーキッスで!

2020/1/15 最新トピックス

冬というとチョコレートのおいしい季節。スーパーやコンビニでもこの時期、チョコレート売り場がにぎやかですよね。その中でもクオリティが高いなぁと思うのが明治の「メルティーキッス」。冬季限定で1992年から発売されているそうです。ということはもう発売から27年も経っているんですね!“雪のようになめらかな口どけ”というコンセプトはお馴染みのフレーズ。夏場の温度管理が難しい時期には発売できないチョコレートなんですよね。現在、プレミアムショコラ、フルーティ濃いちご、初摘み濃抹茶などが発売されていますが、今回加わったのは爽やかなフレーバー!

冬の味覚“柚子”がメルティーキッスで!

「メルティーキッス柚子」です。売り場が鮮やかな黄色で華やかでした。柚子風味のお菓子って結構ありますが、チョコレートは今まで食べたことがないんですよね。

冬の味覚“柚子”がメルティーキッスで!

ココアの苦みとカカオの香り、そこに柚子の爽やかで香り高い味わいが加わるとどんな感じなんだろう?と楽しみになります。この商品、柚子の産地である高知県とコラボしているんだそうです。高知県といえば日本一の柚子の産地。このコラボを記念して、東京銀座にある高知県アンテナショップ『まるごと高知』ではいろいろ企画があるそうですよ。中でもコラボスイーツ『柚子香るあったかプリンケーキ ~メルティーキッス柚子添え~』(650円)が気になりました。柚子好きでお近くの方はぜひチェックしてみてください!

ではパッケージを開けてみます。この頃のお菓子ってフタ部分にメッセージが書かれているものが多いですね。やっぱり癒しを求めている人がたくさんいるんでしょうか。

冬の味覚“柚子”がメルティーキッスで!

数えるのを忘れちゃったんですが、14個入っているようです。中はどんな感じかな。

冬の味覚“柚子”がメルティーキッスで!

中は淡いクリーム色。柚子果汁パウダーを練り込んだホワイトチョコを、カカオの風味豊かなチョコレートで包み、ココアパウダーをまぶしています。口の中に入れると柚子の香りが。そしてチョコレートの甘さによく合う上品な酸味。普通のチョコレートも甘くておいしいけど、柚子が入ると爽やかになって食べやすさが増す感じがしました。しかも柚子ってお菓子にもよく合うんですね。ちょっと大人っぽさが加わる印象。家の子どもたちは柚子風味が苦手なんですが、これはおいしかったそうです。というわけで、柚子の風味はするけど柚子がちょっと苦手な方でも爽やかにおいしくいただける味になっていましたよ。

この冬は旬の味覚を「メルティーキッス」で!

この記事を書いた人:S.Y

高校生と中学生の子どもがいる専業主婦です☆

関連記事