“頭の働き”をサポートする飲料登場!アサヒ飲料「はたらくアタマに」シリーズ

2019/10/29 最新トピックス

40代も半ばを過ぎると、日常の会話で多くなってくるのが、「あれ」とか「それ」。何か話をしていてもなかなか人やものの名前を思い出すことができなくなってきて愕然としちゃったり・・・。何といっても夫婦で会話していると思い出す時間が無駄に長くなってきて、本当に滞るんですよね。もしかしたら頭の働きが少しずつ衰えてきているのかも、と不安になっている今日この頃、スーパーで気になる商品を見つけました。

“頭の働き”をサポートする飲料登場!アサヒ飲料「はたらくアタマに」シリーズ

「はたらくアタマに/サポートカルピス」(内容量500ml)です。この「はたらくアタマに」シリーズ、アサヒ飲料の「カルピス」「ワンダ」「ウェルチ」などブランド横断で展開しているそう。

“頭の働き”をサポートする飲料登場!アサヒ飲料「はたらくアタマに」シリーズ

機能性表示食品なんですね。認知機能の一つである注意力の維持と計算作業の効率維持に役立つことが報告されている『ラクトノナデカペプチド』が入っています。

“頭の働き”をサポートする飲料登場!アサヒ飲料「はたらくアタマに」シリーズ

こちらに機能性表示食品の届出表示が記載されていました。ものごとを忘れやすいと感じている中高年の方に適しています・・・、う~ん、私にピッタリかも。そしてかなり驚いたのがカロリー。100mlのカロリーではないですよ、500ml当りのカロリーが63kcal!カルピスウォーターのカロリーは500mlに換算すると225kcal。かなりの違いになっています。

コップに注いでみました。

“頭の働き”をサポートする飲料登場!アサヒ飲料「はたらくアタマに」シリーズ
香りも色合いもレギュラーのカルピスと全然変わりはないようです。
ではどんな味か試してみたいと思います。フレーバーは“すっきりレモン”ということなのでカルピスウォーターよりも酸味がありますね。爽やかな味です。スポーツ飲料的な雰囲気もありますね。甘さもレギュラーのものと変わりなさそうです。でもいつものカルピスウォーターにアタマに効く成分がプラスされていたらお得な感じですよね。値段的にもスーパーで120円ぐらいだったので、機能性表示食品にしては安くないですか?1回飲んだだけではアタマに効いているかどうか微妙なので、これから少し続けてみようかなぁと思いましたよ。

アタマに効く、ということで我が家の受験生の娘にちょうどいいかなと思って購入してみたんですが、実は対象者は私でしたね・・・。でも誰が飲んでもおいしくいただける飲み物になっていました。カルピス以外の「はたらくアタマに」シリーズでブラックコーヒーや抹茶ラテ、ウェルチなどがあるのでこれから試してみたいと思います!

この記事を書いた人:S.Y

高校生と中学生の子どもがいる専業主婦です☆

関連記事