「カルピス」100周年で記念商品続々!「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」が夏季限定で

2019/7/11 最新トピックス

子どもの頃からお世話になってきた「カルピス」。実は1919年7月7日に発売が開始されたんです。なんと今年で100周年!カルピスの創業者は、僧侶出身の三島海雲さんという方。内モンゴル(現在の中華人民共和国・内モンゴル自治区)を訪れ、そこで飲んだ乳酸を参考にして開発を始めました。「カルピス」という商品名は「カルシウム」とサンスクリット語の「サルピス」(漢訳:熟酥=じゅくそ)を合わせたそうですよ。100周年を迎えたカルピスでは、様々な記念商品を現在発売中!今回スーパーで見つけたのがこちら。

「カルピス」100周年で記念商品続々!「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」

「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」、夏季限定の発売になっています。海とトロピカルフルーツのパッケージ、これぞ『夏』って雰囲気ですね。右上には『カルピス100th』と書かれていますよ。

「カルピス」100周年で記念商品続々!「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」

フレーバーはパインとマンゴーの2種類。カルピス×旬のフルーツ、中にはフルーツピューレ入りペーストが入っているようです。パッケージのフルーツもみずみずしくておいしそう♪

パッケージから出してみました。

「カルピス」100周年で記念商品続々!「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」

内容量は64g(個装紙込み)。数えてみたらそれぞれ8個ずつ入っていました。レギュラーのものに比べたらちょっと少なめかな。

中身はこんな感じ。

「カルピス」100周年で記念商品続々!「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」

かなり小粒ですね。レギュラーのものもこのぐらいでしたっけ?ほのかに色がついています。ではまずマンゴーから。口の中に入れるとまろやかなカルピスの味。この味ってホントにリラックスできますよね。しばらくカルピスの味に癒されて、ついに出てきました、マンゴーピューレ入りペーストが。爽やかな酸味と甘さ、商品名通り、とろ~りと口の中に溶け出てきましたよ。カルピスとマンゴーって夏にピッタリな味わいですよね。最後、気のせいかもしれませんが、ちょっとスっとした爽快感を残してなめ終わりました。見た時には小粒だなぁと思っちゃったんですが、これぐらいの大きさって手軽になめれていいですね。では次はパイン。こちらもパインの香りがふわ~っと広がってトロピカル気分。こちらもカルピスにマッチしていました。香料もキツくなく、自然な味でおいしかったです。

この2つのフレーバーは子どもから大人まで男女問わず誰でもおいしい!と思える味になっています。子どもさんのおやつに、仕事の合間の休憩時間に、ぜひ100年の歴史を感じさせるカルピスをキャンディで味わってみてくださいね。

この記事を書いた人:S.Y

高校生と中学生の子どもがいる専業主婦です☆

関連記事