口内フローラに着目した「ロイテリヨーグルト」新発売!

2019/4/1 最新トピックス

ヨーグルトというと、腸内環境をよくするビフィズス菌などが入っているものを思い浮かべます。『腸内フローラ』という言葉もよく聞きますよね。この『フローラ』という言葉の意味を調べてみました。“ヒトの体内には500兆~1000兆個、500~1000種類の細菌がすみついていて、そのすみかは口、鼻、胃、小腸、大腸、皮膚、膣など、ほぼ全身におよびます。細菌の数や種類、密集の度合いは場所によってさまざま。一人ひとりの体内で固有の集団である細菌叢(さいきんそう)を形成しています。細菌叢は顕微鏡で覗くと、まるでお花畑のようなことから「フローラ」と呼ばれています。”ということでした。そうなんですね、腸が有名ですが、フローラはほぼ全身におよんでいるんですね。そしてその中でも口の中にはとてもたんさんのフローラが存在しているそう。「口内フローラ」には、1gあたり1000億個もの菌が存在し、その種類は500種以上にもなるといわれているんです。口内のさまざまなトラブルを引き起こす原因になる悪玉菌、そしてこれら悪玉菌に対抗するために善玉菌。悪玉菌は虫歯の原因になったり、歯周病の原因になったりするだけではなく肺炎や心臓病など全身疾患へも影響すると言われるようにもなりました。腸内はもちろんですが、体の入り口である口内からいい状態を保ちたいものですよね。今回、そんな「口内フローラ」に働きかけるヨーグルトが新発売になりました。

口内フローラに着目した「ロイテリヨーグルト」新発売!

オハヨー「ロイテリヨーグルト」です。内容量は110g。機能性表示食品になっています。シンプルだけどかわいらしい配色のパッケージになっていますね。

口内フローラに着目した「ロイテリヨーグルト」新発売!

フタには『ロイテリ菌』が含まれている説明が記載されています。歯ぐきにも効くんですね。

口内フローラに着目した「ロイテリヨーグルト」新発売!

注意書きがかなり細かく記載されています。1日当り1個が目安。砂糖の代わりにキシリトールが配合されているため、体質によりお腹がゆるくなることがあるそうです。そして就寝前の摂取はお控えください、とありますね。この理由はなんでしょう・・・。赤字で記載されているのは、歯の健康はブラッシングが基本ということ。このヨーグルトさえ食べていればいいと勘違いしてはいけないようです。

ではフタを開けてみます。

口内フローラに着目した「ロイテリヨーグルト」新発売!

とても滑らかで柔らかい感じですね。ではいただきます。とろとろとクリーミーで滑らかな食感。ミルク感たっぷりですね。砂糖不使用ですが、甘さは十分です。酸味も控えめでとても食べやすい味。コクもあっておいしいですね。機能性表示食品なのでお値段は普通のものに比べてお高めですが、それさえクリアすれば、毎日食べても食べ飽きない味になっていると思います。

腸内環境はもちろんですが口内フローラにも着目して、体の健康を保ちましょうね!

『フローラ』参考: https://ohayo-reuteri.com/

この記事を書いた人:S.Y

高校生と中学生の子どもがいる専業主婦です☆

関連記事