ロッテ「雪見だいふく」が伊藤園とのコラボ!「ほうじ茶」フレーバー登場

2018/11/22 最新トピックス

ロッテ「雪見だいふく」は冬季限定からオールシーズン買えるようになって、さらに生活に溶け込んだ感があります。もちもちのおもちに冷たいアイス、定番なんだけど飽きないおいしさ。日本人だからなのかなぁ、ちょっと和テイストな味は体にスッとなじむ気がします。定番の雪見だいふくもおいしいけど、今回、こんなフレーバーを見つけました。

ロッテ「雪見だいふく」ほうじ茶

「雪見だいふく ほうじ茶」(税別180円、47ml×2)です。お値段がレギュラーのものと比べてちょっと高めなのが引っかかりましたが、ほうじ茶と雪見だいふくってすごく合う気がして購入してみました。おもちの中はほうじ茶アイスとほうじ茶餡。ほうじ茶づくしになっていますね。伊藤園の茶師が監修した茶葉で作っているということなので、香りと風味がとてもよさそうです。種類別はもちろんアイスミルク。パッケージのもみじの葉や色合いが秋っぽいですね。

パッケージを開けてみましょう。

ロッテ「雪見だいふく」ほうじ茶

雪見うさぎさんからのメッセージ。雪見だいふくを食べる楽しみってこのメッセージを読むことにもありますよね。温かいお茶によく合う雪見だいふく。お茶を飲みながらほうじ茶味を味わう、ダブルに贅沢。ほっこり落ち着いた気分になりそうですね。雪見だいふくの色合いはほんのりお茶色。おいしそう♪

半分に切ってみました。

ロッテ「雪見だいふく」ほうじ茶

ほうじ茶アイスと餡がしっかり入っていました。ほうじ茶のいい香りもしますね。いただいてみると、口の中にほうじ茶の風味が広がりました。餡もほうじ茶の香りと甘さ、和のいいところがギュッと詰まった感じがします。おもちとほうじ茶のバランスがとてもいいですね。私はあまりのおいしさにすぐに食べきってしまいましたが、もしかしたらもう少し溶かして食べるのがよかったかも。餡が少しトロリとするぐらい。

ところで、伊藤園が運営する「茶寮 伊藤園」をご存知でしょうか? 羽田空港店、セブンパークアリオ柏店、イトーヨーカドー木場店があるそうですが、「雪見だいふく ほうじ茶」を使用した「ほうじ茶 雪見あんみつ」(羽田空港税込730円、セブンパークアリオ柏・イトーヨーカドー木場税別650円)を販売しているそうです。こちらも気になりますね。お近くの方はぜひ。

寒いこれからの時期、温かい伊藤園のほうじ茶と一緒にどうでしょうか。お値段はレギュラーより少しお高めですが、アイスと餡から風味豊かなほうじ茶が味わえ、お値段以上の満足感が得られますよ。ゆったりリラックスした気分に浸れそうです。

この記事を書いた人:S.Y

高校生と中学生の子どもがいる専業主婦です☆

関連記事