【食レポ】この夏イチオシ!サントリー♪夏のおすすめ3商品一挙ご紹介!

2020/6/25 くらし

夏の熱中症予防に飲み物が欠かせません。また、リモートやデスクワークのリフレッシュメントとしても飲み物は必要ですよね。今回は、サントリー株式会社でおなじみの「ボス」「天然水」「伊右衛門 特茶」ブランドから新製品を3つご紹介します!

うちカフェが楽しい「ボスカフェベース・ハニー&ロースト」

2020年5月26日より期間限定発売しているボスカフェベースシリーズの「ハニー&ロースト」。今回のフレーバーは、ほんのりはちみつ風味です。グラスに注いだ時に甘い香りが広がりますよ。

牛乳で割ると、カフェラテに。甘すぎないので、朝食にも最適です。

ボスカフェベースは、ブラックでも楽しめるメリットが。牛乳割りが苦手な人は、氷水で割るのもOKです。ブラックの場合は、香ばしいコーヒーの香りが引き立ちますよ。

カフェベース自体を凍らせたものを、牛乳で溶かしながら飲む「氷コーヒー」としても楽しめます。

夏の暑い日には、アイスクリームにカフェベースをかけて、アフォガード風がおすすめです。

1本で10杯分の濃縮タイプなので、コスパもよいのではないでしょうか。

ごくごく飲める!「特茶カフェインゼロ」

体脂肪率が気になる、コロナ太りを解消したい…など自分自身の体のお悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。サントリーの特定保健用食品(トクホ)ブランド「特茶」ではカフェインゼロの特茶を6月2日より全国販売しています。

特茶に配合されているケルセチン配糖体が、体脂肪を減らすのを助けてくれる効果があります。

体脂肪を減らす働きがあるトクホのお茶は全般的に「苦い、渋い」というデメリットがありますが、特茶カフェインゼロは、大麦やはと麦をベースとしたブレンド茶スタイル。後味の渋さや苦みもほぼなく、運動の前後や日常でごくごく飲めるのがポイントです。

特茶ブランドでは「健康的な生活提案」を行っています。「特茶スマートアプリ」をダウンロードし、スマホと同期しながら健康を意識していくこともおすすめです。体を大事にしたい人は特茶とアプリを併用しながら健康に気遣っていくこともいいのでは?

なお、特茶では人気女性雑誌とのコラボキャンペーンを展開しており、インスタグラムのアカウントフォロー&コメント応募でプレゼントが当たります。アクティブに健康を意識したい人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シャキッとできる!「天然水SPARKLEジンジャー&カフェイン」

ジンジャー系の炭酸飲料は「甘すぎる」ものが多いのですが、「天然水SPARKLEジャンジャー&カフェイン」は違います。強炭酸水・無糖というフレーバー炭酸飲料です。

無糖の炭酸飲料というと「どこか物足りない」「香料が強いだけで、味がなくてつまらない」というイメージがありますが、こちらは風味があり、ガツンとした飲みごたえが感じられます。

画像を見てもお分かりの通り、たっぷりの炭酸。口に含むとかなり強い刺激が得られます。炭酸飲料が苦手な人はむせ返ってしまうかも。むせ返りを防ぐために、コップに注いで飲むよりもペットボトルから飲むことをおすすめします。

無糖なので甘さはありませんが、のど越しの後にふわっとジンジャーの風味が残ります。ピリッとした炭酸と相まって「新しいジンジャーエール」のような感覚で飲み干せます。

ちなみに、使用しているジンジャーは高知県産。国産ショウガならではの辛味が得られるので、さわやかさや刺激が欲しい人には最適です。

0Kcalなので1本飲み干しても罪悪感はありません。また、カフェイン含有量が75mg。これは、缶コーヒー1本分に近い量です。飲みすぎは禁物ですが、1日に1本、午後からの眠気覚ましにも最適ではないでしょうか。

おいしく飲んで、夏を乗り切ろう

運動の前後や、気分転換、おやつや食事に…どんなシチュエーションでもこの3つの飲み物との相性は抜群です。アレンジ次第でメニューが広がるカフェベースは、子供と一緒のおやつにも最適ですし、特茶や天然水SPARKLEはカロリーを気にすることがありません。ぜひお試しください。

この記事を書いた人:たがめかめの

簡単な自己紹介 3児の母・主婦・士業補助者・webライターと、たくさんのわらじを履いて活動しています。

関連記事