【看護師監修】生理痛にアロマオイル

2018/11/30 くらし

生理痛は人によって症状は様々ですが、女性にとってつらい症状も多いです。そんな時はアロマオイルの力を借りて、身体の症状を和らげたり気持ちをリラックスさせてみませんか。

〇生理痛はなぜ起こるのか

生理痛の原因は時期によって変わります。
生理直前原前半まではプロスタグランジンという物質が急激に増えます。プロスタグランジンとはホルモンに似た物質で、子宮を収縮させしk通への血流を減少させ、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。この物質は子宮の収縮を促すことで、経血を身体の外に排出させる役割を果たしています。このプロスタグランジンの量が多すぎると、収縮が強くなりキリキリとした痛みが起きます。また血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさや冷え、胃腸の働きにも影響を与え、吐き気や下痢を引き起こしたりします。
生理後半では、骨盤を中心に血流が悪くなり、うっ血が起きます。そのため下腹部の鈍痛や腰回りの重苦しい感じが起きます。血流が悪いので冷えやむくみも起きやすくなります。

〇隠れた病気の可能性も

生理痛が重く、日常生活に支障をきたす場合を月経困難症と言います。この月経困難症には2タイプあり「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」があります。
器質性月経困難症は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症やクラミジア感染などの病気が原因で生理痛が重くなっている状態です。
機能性月経困難症は、原因となる病気はないのですが、プロスタグランジンの量が多い、子宮や卵巣が未成熟で生理痛が重くなっている状態です。主に思春期~20代前半に多いといわれています。
原因となる病気がある器質性月経困難症の場合は、病院で診断・治療をしてもらいましょう。機能性月経困難症の場合も、投薬治療で症状が改善される場合もあるので、まずは病院に行きましょう。リラックスしたり血流を良くすることで生理痛が軽くなる場合もあります。
どちらの場合も、まずは病院へ行って原因をはっきりさせることで、症状に対応しやすくなります。

アロマオイルで生理期間を少しでも快適に

生理痛はリラックスしたり血流を良くすることで軽くなることもあります。リラックス効果などがあるアロマオイルを使用することで、生理期間を快適に過ごすことができますよ。芳香浴や足湯に使用したり、マッサージに使うなどしてみると良いでしょう。
・生理痛に効果のあるアロマオイル
ローズマリー…通経作用と鎮痛作用があります。森林浴をしているような香りです。
ローマンカモミール…ヨーロッパでは昔から医者いらずの植物として有名で、生理痛や下腹部の痛みに効果があるとされています。りんごのような甘酸っぱい香りでリフレッシュできます。
ローズ・ジャスミン・サイプレス…ホルモンバランスを整える作用があります。サイプレスはウッディな香りで甘い香りが苦手な方におすすめです。
クラリセージ…子宮の機能を促進したり、ホルモンバランスを整える作用があり、生理に関するトラブルに効果的です。キャリアオイルで希釈して、下腹部を反時計回りにマッサージすると心地よいですよ。腰も同様にマッサージすると良いでしょう。

生理痛がひどいと、生理期間は憂鬱になってしまいます。アロマオイルを使用して、少しでも症状をやわらげ、快適に過ごしましょう。

この記事を書いた人:パン

小児科クリニックで看護師として働き、出産を機に専業主婦に。 最近は、子どもになるべく自然のものを使いたいと思いアロマオイルを活用して風邪予防や掃除などをしています。

関連記事