受験シーズン到来!集中力をアップを促す効果的な方法

2018/1/11 くらし

1月に入り、中高生のお子さんがいらっしゃると受験シーズン真っ只中というご家庭も多いのではないでしょうか。
集中して勉強してほしいけれど、年末年始のお祝いムードでなかなか勉強モードにならないお子さんも多いと思います。
そんな時は、集中力アップを促す効果的な方法をご紹介します。

アロマで集中力アップ!

集中力アップに効果的な方法

1.余計なものを目に入れない
勉強するぞ!と思っても本やスマホが目に入るとつい読んだり触ったりしたくなりますよね。机の上には勉強に必要なもの以外は置かないようにしましょう。

2.余計な音を耳にいれない
外から聞こえる人の話し声や、隣の部屋のテレビの音など、普段は気にならなくても勉強をしようと思って静かになった部屋には大きく聞こえ、気が散る原因になります。なので敢えて雨の音やせせらぎの音、波の音などの自然音をスピーカーやイヤフォンで聴きましょう。ヒーリングミュージックなどもBGMとしては良いですね。

3.時間やステップで区切る
集中力を高めるといっても、なかなか長時間続くものでもないので「◯時までに終わらせる」など時間を決めて勉強すると良いでしょう。その時はタイマーをかけて時計を頻繁に見なくても良い状態にしましょう。また「◯日後に◯◯まで終わらせる」などステップで区切るのもよいです。例えば「1週間で問題集1冊終わらせる」と決めたら、1日に何ページ終わらせれば良いのかはっきりします。クリアしやすい小さな目標があることで集中しやすくなります。

4.休憩中は軽く動く
休憩中は、少し立って歩いたりストレッチをしたり、首回しや足首まわしなど軽く運動しましょう。ずっと座って悪くなった血行を改善し、脳に酸素を届けると、また集中して次の勉強に取り組めます。

たまにはこんな方法もいかでしょうか?

アロマオイルで集中力アップ

集中して勉強するなら、部屋の香りも環境の1つとして整えておくに越したことはありません。頭をすっきりさせるペパーミントやローズマリーを使用すると良いでしょう。他にもジンジャー、ティーツリー、ブラックペッパー、レモングラス、ユーカリなども使えます。
私のおすすめは、ユーカリとシトロネラを2:1の割合でオイルウォーマーやディフューザーで香らせる組み合わせです。雨の後の森のような香りで落ち着く香りです。

試験まであと少し…お子さんもご家族も大変だと思いますがもう一踏ん張りです。アロマオイルも味方につけて、笑顔いっぱいの春が迎えられますように!

この記事を書いた人:パン

小児科クリニックで看護師として働き、出産を機に専業主婦に。 最近は、子どもになるべく自然のものを使いたいと思いアロマオイルを活用して風邪予防や掃除などをしています。

関連記事