花王のバブでからだも心もリフレッシュ!おすすめの香り3選

2017/8/13 くらし

毎日のお風呂タイム、ゆっくり湯船に浸かると、からだも心もリフレッシュすることができますよね。そんなお風呂タイムの満足度をさらにアップさせてくれるのが、花王のバブ。炭酸ガスが血行を促進し、腰痛や疲労の解消してくれる薬用入浴剤です。全国から収集している、花王のバブを使用した方のコメントと合わせて、人気の秘密と、今の時期に特におすすめの3つの香りをご紹介します♪

レシーポ 花王 バブ

1983年誕生、疲れに効く入浴剤

花王のバブは、1983年に誕生しました。粉状の入浴剤が主流だった当時、炭酸が出るタブレット状の入浴剤は目新しく話題に!またたく間に人気が広がりました。重たさがある錠剤はしっかりと湯船の底まで沈み、温浴効果が隅々まで行き渡るように作られています。「錠剤タイプで一回の量を計らなくてすむ保存がし易い」と使いやすさもばつぐん。「お湯の中でシュワシュワ溶ける様子が子供が大好き」と、錠剤が溶ける様子を楽しんでいるご家庭も多いようです。

 

40℃のお湯にゆっくり浸かるのが◎

効果のある温浴のコツは「温度と時間」。40℃程のぬるめのお湯に、10分程ゆっくり浸かるのがおすすめです。毛細血管が広がることで血の巡りがよくなり、全身のコリの解消などが期待できます。「以前、購入して肩こりなどが、少し改善したので、今回も購入した」と効果を実感してリピートする人も。「父がバブを気に入っていていつも使っています」「家族がバブを気に入っている」と家族全員が気に入る使い心地です。

 

あがった後もポカポカが続く

バブの効果は湯船に浸かっている間だけでなく、お風呂上りも続きます。「お風呂に入ったあとも体が冷めにくい」「風呂あがりの体がポカポカ」など、効果が持続することに評価の声が集まりました。バブを入れるだけでポカポカが続くので、湯冷めしやすい時期や、お年寄りがいるご家庭にもおすすめです。

 

おすすめの香り3選

 

爽やかな「ゆず」の香り

豊富な香りのバリエーションの中でも、特に人気が集まったのは「ゆずの香り」。「柚子の香りがすっきりして体が温まり肌がしっとりする感じがした」「ゆずの香りがさわやかで気に入っています」と、さり気ない和の香りが好評です。

 

気持ち安らぐ「ラベンダー」の香り

バブのラベンダーの香りは、花王の独自の技術を使い、本物のラベンダーの香りを解析して作られています。気持ちを静める効果のあるラベンダーの香りは、就寝前のお風呂タイムにぴったり。「ラベンダーの良い香りが広がりじわじわと炭酸が凝りにききそう」と香りと炭酸の相乗効果で、身体の芯からリラックスできること間違いなしです。

 

華やかな「ローズ」の香り

「アロマティックローズ」は、4つのローズの香りの詰め合わせです。「色々な種類のローズの香りが入っていて楽しめる」「ローズの香りがバスタイムをリラックスさせてくれる」と、普段のお風呂タイムが華やかで特別感のあるものに早変わり。「一箱に4種類入っているのでお得感がある」ところも嬉しいですね。

 

花王のバブを使うことで、毎日のお風呂タイムがより楽しく素敵なものに変わります。色々な香りがあるので、その日の気分に合わせてぴったりの香りをセレクトしてみてください。

レシーポリニューアルキャンペーン

関連記事