東日本はブルドック、西日本はオタフクも、中部ではコーミが存在感を発揮!

2015/7/24 ライブログ

RECIEPOでは2015年7月7日~13日にかけて「全国ご当地ソース人気投票」を実施しましたので、その結果を発表します。

8月の投票アンケート結果全投票数3,335票のうち、最も票を集めたブランドは「ブルドック」で1354票(40.6%)、次は「オタフク」で952票(28.5%)、3位は「カゴメ」で398票(11.9%)、4位は「イカリ」で233票(7.0%)、5位は「コーミ」で139票(4.2%)でした。

また、投票者の出身地別に、各都道府県で1位を獲得したブランドを見ると、北海道から長野までの東日本では「ブルドック」一色に染まったのに対し、滋賀から九州までの西日本では「オタフク」が人気を集めました。

さらに、福井県と富山県の北陸2県では「カゴメ」が1位を獲得。静岡県も「カゴメ」が1位でした。全国で4位の「イカリ」は和歌山県、徳島県、佐賀県、宮崎県、沖縄県といった関西、四国、九州・沖縄エリアの一部で「オタフク」を抑え1位となりました。

一方、愛知県、岐阜県、三重県の中部エリアではコーミが1位を獲得。全国では5位ながらも中部エリアでキラリと光る存在感を見せつけました。

投票者のソースへの想いを見ても以下のように出身地別にそれぞれのブランドへの愛が感じられるコメントが多数見られました。

【調査実施概要】

主催ソフトブレーン・フィールド株式会社 RECEIPO運営事務局
投票地域全国
投票期間2015年7月7日~13日
投票数3,335票
性別比率男性-32.7% 女性-67.3%
年代比率20代以下-4.7% 30代-20.2% 40代-36.5% 50代-25.1% 60代以上-12.5%

この記事を書いた人:管理者

関連記事